結婚式の席札とお花の色を合わせるべき理由とは?


ありがとうを花で伝える

マリエ・フルールの長峯弓子です。

インフルエンザが流行っているようですが、みなさんは大丈夫ですか?

我が家は息子が風邪をひいてしまい、家に引きこもっています (笑)

前回のブログでは、「結婚式にテーマカラーが必要な理由」を書きました。

今日は前回の話と連携して、席札とお花の色を合わせることをおススメする理由をお伝えします。

「結婚式の席札とお花の色を合わせるべき理由とは?」

①統一感が出る

②まとまりが出て素敵な披露宴会場になる

結婚式の打ち合わせでは、席札や招待状などペーパーアイテムの打ち合わせの日、次回はお花の打ち合わせなど日によって内容が変わるのでお花とペーパーアイテムは別々に考えがちです。

しかし、よ~く考えてみてください。

席札やお料理のメニューは、披露宴会場のお席に置きますよね。特に、席札やメニューは人数分置くので会場に入った時には色の割合が結構大きな比率になります。

その中央にはお花が飾られているので、色を統一することは非常に大切です。

このように全体的に見てみると、色合いを統一していると素敵ですよね

一つ一つのアイテムだけを考えがちですが、使う色を3色までにすると全体の統一感が出ます。

前回のブログに書いたように、テーマカラーやテーマが決まっているとスムーズです。

これから打ち合わせに入る方は、ぜひテーマカラーを決めて全体のイメージを膨らませることをおススメします。

#ブログ

閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

いつもお読みいただきありがとうございます。 フラワーサロン マリエ・フルールの長峯弓子です。 今年の母の日フラワーギフトは、コラボギフトとしてミニブーケとハーブティーまたはタンチュメールのセットです。 今回は、「タンチュメール」についてご紹介します。 タンチュメールとは「ハーブ抽出液」 ハーブを煮詰めたシロップのことです。 メゾンドナチュロパシーのタンチュメールは 有機野菜と有機果物の発酵エキス×